HOME  >  クラウドサービス

i-PLATクラウドサービス

ケーブルテレビ業界初となる、専用のクラウドコンプューティングサービス。

当社が十数年システム開発に携わってきたノウハウをベースに
クラウド環境下での運用をご提案いたします。

  • セキュリティ対策

    セキュリティ対策、災害対策が完備されている当社データセンターでシステムを運用。個人情報漏洩のリスクを最小限に。

  • ITコスト軽減

    最小限の初期投資でシステム導入が可能。システム管理運用は当社が担うため、ケーブルテレビ事業者様のTCO削減に大きく寄与。

  • 運用負荷軽減

    データバックアップや、障害切り分けなど日々の運用から開放。当社が24時間365日システム関しをしているため、安定稼働を実現。

新しい加入者情報の管理「i-PLATクラウド」

従来は自社内で構築し管理・運営するしか方法が無かった、顧客管理/機器管理/請求管理などのケーブルテレビ事業者様の基幹業務を
クラウドコンピューティングサービスにてご提供いたします。

新しい加入者情報の管理「i-PLATクラウド」

「オンプレミスサービス」と「i-PLATクラウド」の違い

ケーブルテレビ事業者様にニーズに合わせて提案内容をご選択頂けます。

  • 「オンプレミスサービス」のメリット

    ・自社独自仕様に変更が可能
    ・端末の増大が可能

  • 「i-PLATクラウド」のメリット

    ・保守の業務負荷が軽減
    ・安価に新機能の利用が可能

  オンプレミスサービス(従来型) i-PLATクラウド
導入コスト 高(数千万円~) 低(百万円~)
導入期間 長(数ヶ月~1年) 短(数週間~)
運用コスト 高(システム専任スタッフが必要な場合も) 低(サーバ運用もサービスに含まれています)
セキュリティ対策
コスト
高(サーバ設置場所のセキュリティが必要) 不要(担当データセンターで対策)
保守費用 高(別途H/WとS/Wの保守契約が必要) 低(サービスに含まれています)
事業リスク 高(初期投資が高い) 低(初期投資はミニマム。新規開局の会社様は特に事業リスクを回避できます)
障害対応 平日9:00~17:30対応 24時間365日障害対応
システムの安定性 シングル構成であれば、安定性は低い。また、冗長構成にすると投資が高い。 冗長構成のため安定性は高い。また、常時監視をしているため障害時の初動が早い。

「i-PLATクラウド」の費用イメージ

新しい加入者情報の管理「i-PLATクラウド」

運用イメージ(ネットワーク)

新しい加入者情報の管理「i-PLATクラウド」